BLOG

  • TOP
  • BLOG
  • 使い方は無限大~スツ...

BLOG

2021.7.15

使い方は無限大~スツールの魅力~【名古屋東店】

皆さま、こんにちは。
今回、ご紹介させていただくのは、スツールです。
 

 
スツールとは背もたれがない椅子のことを指しますが、
座面と脚のみで構成されているスタイルが大きな特徴ですね。
 
お客様に「スツールは、ありますか。」と尋ねられましたら、まず、どこで使われるのかをお聞きしています。
 
 
なぜなら意外にもスツールの種類はいくつかあり、使う場所、用途でご案内する商品が異なるからです。
 
例えば、折り畳みタイプのものや脚が長くて座面が高いハイスツール、ハイスツールとは逆に座面が低いミニスツール、
積み重ねて収納することができるスタッキングスツール、台所にあると便利なキッチンスツールなど。
 
 
そんな中でも名古屋東店がお薦めするスツールを3つ紹介します。
 
1つ目は【ワーナーのシューメーカーチェア】です。
 

 
スツール最大の目的に、やはりチェア同様に座る。という事がありますが、
あくまでも一時的に座る家具として用いられていることが多いように思います。ですが、こちらの
シューメーカーは違います。座り心地がとても良いのです。理由はこの独特な座面の形状です。
座り心地を良くするためにお尻の形状に合わせて削った事がきっかけで現在の形になりました。高さが
選べるのも人気の理由でカウンターやキッチン、見た目もおしゃれなので玄関に置いたりと、当店人気NO1
のスツールです。
 
 
2つ目は【マジスのトムアンドジェリー】です。
 

 
ネーミングが忘れられないユーモアあるスツール
 
座面はネジのように回転させれば16cmもの高さ調節が可能です。これが1番魅力の一つです。
女性や子どもでも問題なく調整できます。
カウンターとダイニングテーブルの兼用チェアとして、子ども部屋の腰掛として。ちなみに
ハイスツールがトムで、ロースツールがジェリーです。
 
 
3つ目は【アルテックのスツール60】です。
 

 
こちらは集めたくなるスツールです。スタッキングできるので何脚あっても邪魔になりません。
インテリアに合わせてカラーを選べるのも楽しいです。オリジナルの3本脚は、踏み台にすると
バランスを崩してしまう可能性があります。スツール以外の使い方をする方は4本脚をお薦めします。
寝室の携帯スペース、来客用として、リビング学習の補助チェアとして。何よりもインテリアがお好きな方には
1脚は欲しくなるスツールなのでは。
 
 
 
スツールは必ず必要な家具というわけではないですが、インテリアに取り入れてみると驚くほど使い方がたくさんあり、
その便利さを実感しやすいアイテムです。
コンパクトなので、スタンダードなものを1つ置くくらいなら場所もさほど取りません。
家にひとつあるだけでも便利なスツール、ぜひ理想のデザインのものを探してみてくださいね。
 
担当:﨑元
 
REAL Style home
〒468-0003
愛知県名古屋市天白区鴻の巣1-215
tel 052-705-8136 fax 052-705-8139
open 11:00~18:00
closed on Wednesdays
SHOP INFORMATION

INFORMATION