COLUMN

ARCHITECTUREのCOLUMN

2021.12.24

リアルスタイル一級建築士事務所が手掛ける住まい


 
 
case24:戸建て住宅リノベーション事例
 
 
敷地は名古屋の中心部に程近く、モダンでお洒落な雰囲気が漂う街、覚王山。
 
施主様は数年賃貸にだして、その後に自邸として移り住む計画をしており、今回の改修工事はそのための内装のリニューアルと、庭を削り、車二台を格納するガレージの新設です。内装は、設計当時の雰囲気を残しつつ、古くなった箇所は新たな視点でリノベーションし、空間の再構築をしていきました。
 
新築したガレージには電動シャッター、電気自動車の充電スタンドを完備した厳重な設備で愛車を守ります。格子窓からは庭の緑と柔らかな光を取り込み、ガレージでありながら重すぎない空間を演出します。
 
 
●リアルスタイル担当:企画/設計/監理/インセットファニチャー(造作家具)/インテリア
●設計担当:加藤
●面積:124.04㎡
●竣工:2021年12月
●構造:木造2階建て、ガレージ鉄骨造
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021.11.11

リアルスタイル一級建築士事務所が手掛ける住まい

case23:マンションリノベーション事例

3月末に竣工した山形市内中心部のタワーマンション。
東南角部屋をリノベーションを前提に購入した施主は、間取りや床材などを全て変更し、納得できた素材だけを使った快適空間の具現化を追求。
広めのリビングダイニングは、建具で仕切る洋室1を撤去し拡大。
洋室1のクロゼットを撤去した跡には、アイアンの室内窓と寝室へのドアを設置、室内窓ごしに見透せ閉塞感を解消。
寝室側にはデスクを設置しました。
全ての既存オレフィンシート貼りフローリング材を撤去、床暖房対応の複合ウォールナット無垢単板フローリング材に変更しました。
リビング建具と寝室への建具も新規に造作で作成。
ダイニング奥の壁にはモザイクタイルを貼り、ペンダントライトにはハンス・J・ウェグナーのパンダルを設置。
主照明には調光調色LEDダウンライトを配灯しました。
洋室2と洋室3は間仕切り壁を撤去し、寝室とそれにつながるウォークインクロゼットにしました。
開き戸だった洋室2と洋室3の建具は2箇所ともアウトセットの造作引き戸に変更。
ベッドのヘッドボード部の壁にはウォールナットの突板を貼り質感を重視。
両側から回廊のように出入りできるウォークインクロゼットの中央に大容量の洋服収納と収納棚を配置。
一番奥の既存クロゼットは撤去し、大型の収納を設置。寝室とウォークインクロゼットの間には框の入ったガラス引戸を両側に設置しました。
寝室の照明はリモコン付の調光調色LEDダインライトと、造作デスク上にはピンホールLEDダウンライトを配置しました。
廊下やキッチンなどの既存ダウンライトも全て交換し、人感センサも付けて快適な暮らしを演出しました。

●リアルスタイル担当:企画/設計/監理/インセットファニチャー(造作家具)/インテリア
●設計担当:仙台店 後藤寿之
●面積:100.77㎡
●竣工:2021年3月
●構造:RC20階建

INFORMATION