2008.07.02 wrote : Dialy

優しい影と光、音、香り

梅雨ですね。この梅雨の合間にも青天の日があります。

これが終わるといよいよ夏!

この時期、木々に感謝することがあります。それはアスファルトに落とす優しい木陰です。 そこだけが少し気温が低くなり、アスファルト砂漠の街にオアシスを生み出してくれます。車がびゅんびゅん通っているところでは気づきませんが、木々は風に身を任せ、ざわざわ、さわさわと心地よい音を聴かせてもくれますね。 そしてもっとたくさん緑のあるところだとなんだか落ちつく香り。

街と街路樹が共存しているなと感じるところは名古屋だと久屋大通り、植田近辺の桜のトンネル。 桜山もすごいですね。

でも名古屋駅周辺はほとんど緑はないし、やはり少ない。もっと街中の道路が落葉樹で溢れたら素敵だな・・・と漠然と思います。お掃除が大変とという声が聞こえてきそう・・・。

 

 リアルスタイル 山本

 

 

コメントをどうぞ