2008.10.13 wrote : Dialy

室内環境

今日はみなさんに我が家の家族を紹介します。

 

パキラ君とストレリチア君です。

    

 

観葉植物っていいですよね!!観葉植物にはいろいろな効果があるってみなさん御存じですか!?

 

効果① 空気浄化

アレルギー症状、喘息、目・鼻・耳・喉の炎症、疲労感、頭痛、神経系障害・・・これらの症状を引き起こす主な原因として 空気の汚れが挙げられ、シックビル症候群と呼ばれています。室内環境を見直し、まめに掃除や換気を行うことは勿論ですが、 空気を浄化する働きのある観葉植物をお部屋に置けば、より効果的です。

 

効果② マイナスイオン

 室内ではテレビ、パソコンなどの電化製品から出るプラスイオンが、「イオンバランス」を崩し、慢性疲労・肩こり・腰痛・冷え性などの原因になっています。そこでマイナスイオンを発生してくれる観葉植物を室内に置くことによりそれらの症状を和らげてくれます。

 

効果③ ヒーリング効果

 植物を育てることで自分自身が心安らぐ、これが一番の効能です。水やりをしたり、葉を拭いたりすることで、なんとなく落ち着いた気分になれますし、新芽が出た、丈が伸びたなど成長の過程を垣間見るのは嬉しいことです。また、音楽を聞かせたり、今日も元気だね、と話しかけることで植物はより成長する、という噂を聞いたことがありませんか?音や接触に反応して微弱電流を発生しているという説もあります。 会話・・・というのは大げさかもしれませんが、適切な手入れをすればその分、姿形で反応してくれるのが植物です。

 

 そのほかにも、湿度調整機能、視覚疲労の緩和・回復、インテリアetcさまざまな効果が得られます。

 

 我が家の植物たちもきっと毎日マイナスイオンを発生したり、空気を浄化したりとしっかり働いてくれているのでしょう。(目には見えない部分なのではっきりと言えませんが…)

 

 水やりをしていると新しい芽が出てきたりしますので、我が家では本当に家族のような存在になっています。今後、どれくらいまで育つのかとても楽しみです。

 

 みなさんのお家に観葉植物はありますか!?お部屋の中に置くのもいいですが、ベランダにも置く事をお勧めします。我が家は残念ながらベランダが狭いので置けないのですが。なぜかと言いますと、ご存じの通り植物は二酸化炭素を吸って、酸素を吐いてくれます。そう、地球温暖化防止になるのです。一人の力は微力かもしれませんが、みなさんで置けば相当な量になりますよね。

 

 観葉植物をお探しの場合は、リアルスタイルまで!!当店にもテーブルの上に置ける小さなものから2mを超す大きなものまで幅広く取り扱っております。きっとご希望通りの植物が見つかるはずです。

 

 みなさんのご来店お待ちしております。

コメントをどうぞ