投稿者のアーカイブ


2009.02.08 wrote : Dialy

春の香り

2月に入り、寒さも少し落ち着いてきました。

近所を散歩をしていたら、ふといい香りが。顔を上げると、紅白の梅がキレイに咲いていました。

  

よく見たら、足元にはオオイヌノフグリの蕾。一歩一歩、春が近づいてきてるんだな、と感じています。

 

さて、みなさんはお気に入りの香りってありますか?

例えば、好きな花々、グリーン、森林や海の香り、など。

昔から日本ではお香が焚かれていたり、西欧ではキャンドルが灯されていたり。

香りというものはいつの時代も私たちの心を癒すものです。

 

リアルスタイル、リアルスタイルホームの両店では、3月3日まで、アロマキャンドルフェアを開催しており、この期間しか取り扱いのない様々なアロマキャンドルやアロマグッズをたくさんご用意しています。

中でも今回おすすめのアロマグッズは、「ディフュザー」。

これはグラスのオイルを葦のひごが少しづつ吸い上げ、自然に香りを拡散させるという香りのグッズです。

オイルは植物性の天然オイルを使用し、グラスやパッケージはリサイクル素材を使用するなど、環境に優しく、安心してお使いいただけるグッズです。

キャンドルだと火を使うからちょっと心配、という方には特にオススメです。

ベッドルームに置いて、癒しの香りに包まれて眠る。そんな風に暖かい春を寝て待つのが一番幸せかもしれませんね(笑)

是非この機会に、お気に入りの香りを見つけに遊びにいらしてください。

M.itai

2009.01.09 wrote : Dialy

初滑り

まだまだ寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、題名の通り、新年初滑りに行ってきました!!

やっぱりキリっと寒い雪山に行くと、気持ちが引き締まる思いです。

in 明宝スキー場

遠くに雪化粧をした美しい南アルプスが広がります。

空のブルーと雪のホワイトのコントラストは、私の一番好きな風景の一つ。ゲレンデに寝っ転がって見上げる空は本当に綺麗で、心が浄化されます。

新年初滑りを終え、また気持ち新たに2009年も頑張ろう!

そう思った一日でした。

 

(余談)REAL Style Snow Board clubの活動は、これからのトップシーズンに向け、本格化していく予定です!

 

 M.itai

 

 

2008.12.13 wrote : Dialy

オーガニックの存在

タオル、Tシャツ、ラグ、など。皆さん毎日使いますよね。

私たちの生活に欠かせない素材のひとつ、「コットン」。快適な生活を送るための大切な天然繊維です。

ですが、生産の多くを担う途上国の農地では、大量の農薬や化学肥料が使われ、深刻な健康被害や環境汚染が発生していることをご存じですか? 

例えば、コットンの主要生産国のインドでは、耕作地全体の5%にすぎないコットンの耕作面積に、インド全使用量の50%を越える農薬、化学肥料が使われているとのこと…。

環境や作り手に配慮した生産方法からはほど遠い現実。そんな事実を、使用者である私たちにあまり認識の無いのが、今の悲しい現状です。

 そんな中、知ってもらいたいのが、農薬や化学肥料を一切使用しないで生産される「オーガニックコットン」の存在です。

オーガニックコットンとは、耕作地で3年以上、殺虫剤、除草剤などの農薬や化学肥料を使わず、有機肥料と害虫を駆除する益虫のみで生産され、国際的な認証期間の厳しい審査をパスしたもの。

ただし、やはりこういった生産には手間と時間がかかるのがデメリット。またどうしても単価が高くなり、生産にはバックアップが必要となっています。

そんな現実があることを私たちが認識し、応援していけば、きっとそれが環境を改善し、生産者の健康を守り、私たちの生活を快適に導くはずです。

誰かがやってくれるだろう、とか、私がしなくてもなんとかなるだろう。

そんな風に他人事として考えるのではなく、行動する勇気を持つ、ということが今の私たちに必要なのでは?

大切にしようとする想いを持てばきっとタオルだって、Tシャツだって、永く愛用しつづけるものであると思います。

REAL Style HOME ではオーガニックコットン100%のワッフルタオルをおいています。ハニカム模様が可愛いフワフワの使い心地です。大人からお子様にも安心して使ってもらえるはず。ギフトにもおうち使いにもおすすめです。

 

さあ、エコエコ、オーガニック。一歩を踏み出す勇気はあなたから。

M.itai

 

 

 

 

2008.11.08 wrote : Dialy

ひと足先に「Christmas」

いつの間にか、季節はすっかり秋。木々の深緑、黄、赤の色合いがとても美しく、落ち着きを感じる季節です。

最近は、出勤する途中の銀杏並木が、だんだん鮮やかな黄色に変化していく姿を見るのが、私のちょっとした楽しみでもあります。

 

さて、そんな秋の真っ最中ですが、REAL Style HOMEには、ひと足先にクリスマス小物たちが勢ぞろいしました。

↑フィンランドのフェルト小物&リーデル社のワイングラス。

サンタはワインボトルカバーになっていて、りんごは針刺しとしても活躍。フェルトならではの温かみのある素材感は冬にぴったりです。

 

クリスマスオーナメントもこんなにたくさんあると選ぶのが楽しくなってしまいますね。

この他にも、この冬を楽しくするアイテムが続々と入荷しております。

 

大切な人へ贈るクリスマスプレゼント。この冬をステキに飾るアイテム。

皆さんの心にとまる1アイテムを、ひと足先にREAL Style HOMEへ見つけにいらっしゃいませんか? 

 

M.itai

 

 

2008.10.02 wrote : Dialy

「GIFT」

GIFT=贈り物、Present より改まった感じの語で、価値のある贈り物のこと。

 

先日、ママになった友人のもとへ出掛けてきました。

お祝いを兼ね、何か贈ろうと、REAL Style HOMEにてセレクトです(↓)

 

■BUILD NYウォーターバッグ・・・ペットボトルが入るちょうどいい大きさ。ウェットスーツ素材で出来ており、軽くて丈夫な優れもの。哺乳瓶も入りますし、お散歩デビューに是非。秋のお出かけにもぴったりです。

■豆てぬぐい・・・クマが可愛い、赤ちゃんに優しい肌ざわりの柔らかてぬぐい。(ウサギとカエルもあります)

■ハニカムタオル・・・オーガニックコットン100%のワッフルタオル。素材の良さが光るふわふわタオルです。

 

手渡すと、「ありがとう!」と、笑顔で喜んでくれて、私も嬉しくなりました。

それにママになった友人は、とても強くて優しい表情をしていて、そんな姿を見て、私も幸せな気持ちになりました。

 

誕生日、出産、結婚、記念日、引越、etc。

GIFTには、贈る相手の転機や変化への応援の意味もあります。

その人の幸せを願って、喜ぶ顔が見たくて、力になりたくて、そんな気持ちの表れだと思うのです。

 

”GIFT”=”HEART”

是非、みなさんの気持ちを込めたGIFTを、REAL Styleに探しに来てください。

迷った時はスタッフにお声掛けを。GIFT選びのプロが揃ってます。

 

M.itai

 

 

 

 

 

 

2008.08.31 wrote : Dialy

雨の過ごし方

一昨日、昨日は久しぶりに雨がたっぷり降りましたね。

今日は雨上がりの快晴。

8月最後の日らしい、爽やかな空が広がっています。

 

そんな雨の日。どうやって過ごしましたか?

中には大変な思いをした方もいらっしゃいますね。。。(RSでは、帰れなくなったり、お店にこれなくなったスタッフもいました!)

幸いにも私はお休みをいただいていて、お茶を片手に、久しぶりにのんびりと本を読みました。

 

1冊目は「カラフル」という小説。

「世界はカラフルすぎて、自分が本当は何色なのか、わからなくなる」

そんな戸惑いの中で自分を失くしてしまった少年が、別人として生きることに再挑戦し、取り巻く環境の真実を知る中で、自分探しをする、そんなお話です。

すっと頭に入る感じで、軽やかに楽しく読める本。ふと、「本でも読もうかな」と思った時におすすめです。

 

2冊目は「Lune de soie」というエッセイ集。

エッセイは普段はなかなか読まない類ですが、心に響くきれいなフレーズがたくさんありました。

言葉って不思議です。たった46文字しかないのに、その組み合わせで、読み手の心打つ、ステキな文章が出来上がるんですから。

物書きをお仕事にされてる方は本当にすごいなぁといつも感心します。

短い文章にこそ、表現力が必要です。言葉の使い方が女性的で美しい、そんな本でした。

 

 そんな風に過ごした雨の日。いつもはキライだけど、「・・・たまには雨もいいかも」と。特別な事はしなくとも、満たされた時間を持つことができました。

 

さて、夏が終わりを告げ、秋の到来です。

季節の移り変わる時期は、いろいろな変化を楽しめる、そんな気がして、私自身が好きな季節でもあります。

そんな秋を皆さんはどうやって過ごしますか?

REAL Style では、秋をゆったりと楽しめるインテリアや小物をたくさん取り揃えています。

是非、REAL Styleに心を満たすお気に入りを見つけに来てくださいね。

お待ちしております。

M.itai

 

2008.08.04 wrote : Dialy

モノ作り

聞き飽きた言葉かもしれませんが、毎日ほんとに暑いですね・・・。

そんな中、美濃焼きで有名な岐阜県多治見市に行って、陶芸をしてきました。

(そういえば多治見市は日本最高気温の暑さでも有名ですね)

  

何を作ろうかな。しばらく考えた後で、「よし!」と、決心。 

 ↓ ここからスタート。土がひんやりとして気持ちいい感じです。

 

そして、こちらがわたしの作品です。

カフェオレボウルと豆皿。

 

普段から色々なモノを「選ぶ」ことはあっても、「作る」ことはしていないなぁと。

でも、モノ作りって楽しい、素直にそう思いました。

 

そして、何を作ろうかと考えた時に思ったのは、この器が、何のために、誰にどうやって、どんな風にあってほしいものなのか、ということ。

器に限らず、何かを作りあげる時、きっと作り手は、

「何のためにそれを作るのか、それがどんな人たちにどうやって使ってもらいたいのか。そしてそれがその人にどういう幸せを与えられるものであるか」

そんな想いを持って、モノ作りをしていると感じます。

 

仕事柄、いろいろな食器を毎日目にします。

何気なくココにある、1つ1つの器にも、そういう想いが込められているんだなと。

そんな作り手の想いを理解して、これからもみなさんにステキなモノをご紹介してきたいと思います。

 

あと1ヶ月後にわたしの想いがつまった器が届くはず!楽しみです。

M.itai

 

2008.07.15 wrote : Dialy

夏の入り口

本当にムシムシと暑い毎日です。
 
先日車を運転していたら、目の前に大きな入道雲を発見。
 「夏だ!」と思って写真を撮ってみました。


 
自分が夏に向かっていっているような、そんな不思議な感覚でした。
 
 
REAL Style HOMEのテラスにも大きなシンボルツリーがあって、
昨日、カフェクローバーズのオーナーが、
「蝉が脱皮したよ」と、生まれたての蝉とその抜け殻を持ってきてくれました!
 
思わず「キャー!!」とびっくりしたものの、
そうか、みんな着々と「夏」に向かって準備をしているんだなと。
 

暑いのは大変だけど、一年で一番キレイな空の色は、夏の夕暮れです。
特に私の地元は田舎なので、夕暮れ時の紫がかった深い青い空の色は日本一です(自称)。

 

夏の入り口はすぐそこ。
 
お店でも夏イベントをやろう!と、現在スタッフが頭をひねって企画中です。
 
テラスでゆったりと音楽をかけて、ゆっくり美味しい食事をする、
なんて個人的にはそんな素敵なイベントができたらいいなぁと。
 
よーし、頑張って楽しい企画を考えます!
 
 
みなさん、お楽しみに☆
 
M.Itai

2008.06.23 wrote : Dialy

出会いの楽しさ

先日静岡で行われた‘KAGU Messe 2008’に行ってきました。

KAGU Messeとは、新作家具見本市のこと。静岡は鏡台や茶箪笥、霧箪笥の産地として古くから栄え、現在は、ドレッサーやサイドボードなど比較的小物の家具を中心に、バラエティーに富んだ家具の名産地として知られています。

 

会場はそれほど大きくはないものの、様々な家具や、新人デザイナーさんの新進気鋭な家具が並び、色々なものを実際に目で見て、感じ、ワクワクしながら会場をぐるり。

その後は、各メーカーさんの個展にも行かせていただき、「新作家具をこう作ろう!」などと、話を膨らませながら、スタッフも一緒になって打ち合わせをしてきました。

 

話を聞く中で、ドレッサーのデザイナーは、実はほぼ男性デザイナーさんであることに驚きました。女性の方が使う立場で考えられるため、いいデザインができるのでは?と思ったのですが、どうしても機能性を重視しがちの傾向のようです。

「なるほど」。確かに男性は機能性よりデザインを重視しそう(笑)と、個人的に納得してしまいました。

  

そして、最後の訪れたのが、「CRAFT CONCERT」というお店。

ここ最近で一番心に響くお店に出会えました。

 

100年の納屋をリフォームしたショールーム。日本家屋と北欧インテリアが空間に溶け込んで、建物全体から流れ出る空気感はなんとも言えない素晴らしさ、時間が静かに緩やかに流れています。とても居心地が良く、私達は、テーブルを囲み、椅子に座り、ただそれだけなんですが、すごく満足感を得てきました。

本当に素敵なお店です。

 

ただし、帰りの高速SAで、ついつい抹茶どら焼きをつまみ食いしてしまい、おなかがいっぱいになった私達は、静岡名物うなぎを食べずに帰ってきてしまったことが心残り(笑)

 

とはいえ、新しいモノや場所に、いろんな出会いを発見した楽しい一日でした。

 

モノでも場所でも、そして人でも、出会いって大切ですね。

毎日REAL Styleにて多くのお客様に出会い、色々なお話ができることはとても嬉しいことです。

そしてREAL Styleで、素敵な出会いがあった!と思ってもらえるようなお店、スタッフになろう、そう思って私たちスタッフ全員は今日もお仕事しています。

 

なんといっても、「一期一会」、それが私たちREAL Styleのモットーですから。

 

m.itai

 

 

2008.06.07 wrote : Dialy

「当たり前」というコト

ちょっとかたい話になってしまいますが、

最近思ったことがあります。

 

毎朝起きて、毎時食事をして、毎晩眠る。

その中で、泣き、笑い、喜び、悩み、そして幸せだと感じること。

何気ない日常の時間を、自分では気づかないうちに、そうやって過ごしているはずです。

 

 

そんな「当たり前」に生きている幸せに、気づいていますか?

 

 

ここ最近起きた、中国の地震、ミャンマーの災害、今だに続く紛争、そして事件、事故。

私たちにとっては当たり前のようにニュースで流れる、当たり前の出来事、でもそこには常に想像を絶する悲しみや苦しみが伴っています。当たり前が無くなった時の痛み、でも毎日の生活の中で、それらに気付くことはなかなか難しいのかもしれません。

 

 

しかし「当たり前」の大切さに気付くと、いまこうして生きている自分を支えてくれているモノの大事さにも同時に気付くことができます。

 

そして思うことは、自分を支えてくれているモノに感謝を忘れてはいけないということ。当たり前を守るための気遣いが、今できているのかな、ということです。

 

 

当たり前に暮らしているこの地球だって、これからずっとずっと続くものではありません。地球温暖化、環境破壊と騒がれているニュースは、とても大切なアラームです。なんといっても私たちはこの地球の上で毎日を生きているんですから。

 

 

みんなが、すべてに感謝を忘れず、優しさを心に置いた生活ができればいいな、そう思っています。

 

まずはできることからスタートしてみませんか。

私のコメントがそんなふとしたきっかけになれば、嬉しく思います。

 

M.Itai